先輩カントクたち

「なんとなく」から始めても、やりがいは見えてくる。

中山 詔太(なかやま しょうた)

入社年度 平成30年
舗装部
高知農業高等学校 環境土木科

オレンジ色の安全靴が印象的!「会社の冬用のブルゾンがオレンジなんで、合わせてみたんですけど、ブルゾン着てないと派手ですね」と照れ笑いする中山さん。休みの日は友だちと遊んだり、デートを楽しんだり、とプライベートも充実しているようです。

入社のきっかけは?
実は、高校に入学する際、「早く社会に出たいから、土木系の実業高校に入ったらいいか」というくらいの気持ちでした。父も兄も建設業で仕事をしていたからかもしれません。でも、いざ就職するとなると、「自分に合った仕事や企業はどこなのか?」を考えたり、先生や家族からアドバイスをもらいました。高校の時にインターンシップで訪問したのがミタニ建設工業でした。その時、雰囲気の良さが印象に残っていました。
他にもいくつか考えましたが、担任の先生のアドバイスも含めて、ミタニ建設工業に就職することがベストではないかと考え、志望しました。

入社してからの印象は?
高校時代はアルバイトをしてましたから、「働く」ということは厳しいことであるという認識はありました。特に建設業は、安全第一ですので、事故につながる可能性がほんの少しでもあると厳しく指導されます。でも、自分ができること、任された仕事を一つひとつ真面目にこなしていけば、上司や先輩、協力業者の皆さんからアドバイスをいただけます。もうすぐ丸2年を迎えますが、入社した時と比べて少しは成長したかな、と思います。あと、日焼けはします(笑)。

仕事のやりがいは?
舗装部の仕事は、大半が舗装の下に埋まっていて、土木部のようにトンネルだとか、橋だとかぱっと見て誰もがわかるようなバリエーションがないので、最初は土木部がいいな、と思っていました。でも、続けていると、舗装の仕事に魅力を感じてきます。土地の特性や、交通量などに応じて材料が違ったり、重機で表面を均一にし、ローラーで締め固めていく「締固め」など、熟練した技能が必要だったりと、奥が深いです。また、完成したばかりの道路に真っ先に足を踏み入れられることは、ちょっと得した気分です。今回のグラウンドのトラック舗装工事は、陸上部の顧問の先生が張り切って案を出されたそうです。このトラックで生徒さんが良い成績を出してくれたらいいな、と思っています。

ページ上部へ