先輩カントクたち

「いい仕事がしたい」…この思いがあれば大丈夫。

川添 鷹史(かわぞえ たかふみ)

入社年度 平成29年
建築部
修成建設専門学校 
建築学科

建築を終え、営業が開始している銀行の外周工事の現場監督を任されている、入社3年目に突入した川添さん。銀行に足を運ぶお客さまを気遣いながら、協力会社スタッフの皆さんへの指示出しをテキパキこなしていました。

入社のきっかけは?
高校は商業高校だったのですが、進路を決める際、担任の先生に「地に足をついて仕事をするなら建設業がいい」と薦められました。もともと建設業に興味があったこともあり、工業系の学校に進みました。就職は高知に帰ろうと考え、学校にあった高知の求人の中で、名前に覚えがあるミタニ建設工業を志望しました。

入社して、会社の印象は?
そうですね。建設業に限らず、仕事というものは「厳しいものだ」と、覚悟していましたから、入社後に「話が違う」ということはないですね。むしろ、研修制度などもあり、「ちゃんとしてるな」という印象です。
会社の先輩や上司だけでなく、協力会社の皆さんからもいろいろ学ばせていただいてます。中には父親くらいの年齢のベテランさんも居ます。当然現場経験も人生経験も豊富ですので、最初は緊張しました。でも「いい仕事をしたい」という思いで「経験豊かな先輩をリスペクトし、自分はしっかりと現場監督の役割を果たそう」と向き合えば、ちゃんと対等に見てくれます。
今回の現場では一人で外周工事を監督として任せてもらっています。多くの協力会社の働きが積み重ねられて1つの仕事が完成することをさらに実感しています。
会社の飲み会やイベントは、よくあるほうかな?という印象ですが、強制的ではないので、皆が行ける時・行きたい時に参加し、自然に楽しんでいる感じです。私は飲み会に参加することが多いかな?(笑)

仕事のやりがいは?
完成後、施主さまや利用者の皆さんの「きれいになった」「良くなった」といった声をダイレクトに聞けることかな。また、建設中でも「これは何を建ててる?」「いつできる?」などと質問されたりすると、自分たちの仕事が、地域の中で注目をされている、役に立っていると感じられますね。
これからどんどん現場をこなしていき、経験を積んで、しっかりと成長していきたいですね。

ページ上部へ