社員が心身共に健康であるために

社員一人ひとりの力が企業の健全な経営には重要です。
ミタニ建設工業は「社員が心身ともに元気に働ける事業所」を目指して2018年5月、「健康事業所宣言」をいたしました。

また、2017年8月には
●健康診断・人間ドックの受診推進 
●ストレスチェックの実施 
●感染症予防の取り組み
等が評価され、高知県の企業では初めて「健康優良法人」(中小規模法人部門)に認定、また昨年に引き続き2018年2月に継続認定を頂きました。
これからも、さまざまな制度を整え、従業員の健康をバックアップしています。

健康づくり担当者の設置

社員が自身の健康に対しての不安や悩みを気軽に相談できるよう、信頼できる医療機関と提携をし、社員一人ひとりが自身に合った、自主的な健康活動に繋げることができるように、組織体制を整えています。

ミタニ建設工業 健康づくり担当者

【1】健康診断の実施

社員が定期健康診断を受診しやすい環境づくり

■受診の日程調整
定期健康診断および人間ドックについて、社員全員に受信希望日を募り、会社で調整を行うことで健康診断を受診しやすくしています。

■任意検診の受診日は出勤扱いに
がん検診等、任意検診の受診を促しています。
また、三大疾病予防として脳ドック受診(個人負担)も推奨しており、受診日は出勤扱いとしています。

■30歳以上の社員は人間ドック費用の半額を会社が負担
30歳以上の社員が人間ドックを受診希望した場合、受診費用の半額を会社が負担しています。

【2】こころの健康づくり

ストレスチェックの実施

細木ユニティー病院と連携をし、社員全員を対象に、年に1度ストレスチェックを実施しています。

メンタル不調者を対象にした面談指導機会の提供

細木ユニティー病院のメンタル専門医によるメンタルチェックの結果、医師の面談指導を受ける必要があると判定された社員に対して、面談指導の機会を設けています。

【3】保健指導の実施・特定保健指導実施機会の提供

保健指導該当者への保健指導の実施

毎年、保健指導該当者に対して、全国土木保健師による健康相談を実施し、指導日は出勤扱いとしています。
また、本社会議室を保健指導の場所として提供しています。

【4】運動機会の増進に向けた取り組み

毎朝朝礼時のラジオ体操の実施

本社はもとより各工事現場において、毎朝8時の朝礼時にラジオ体操を実施しています。

【5】従業員の感染症予防に向けた取り組み

インフルエンザなどの予防対策

社員、また現場に入場される協力会社の方々に手洗い・うがいを励行しています。
併せて感染拡大を防ぐために、マスクの配布、アルコール消毒液を本社・現場事務所に設置しています。

ページ上部へ